2009年11月11日

旅のとも ブーツ

リュックサック日記で思い出したので、旅の話を少し。

初めて海外で一人旅をしたのは大学3年の夏休み。
ヨーロッパに1ヶ月間行って、2週間はオランダで単身赴任中だった父のアパートで過ごし、
2週間は列車でドイツやスイスを巡ってきました。

2週間の旅に出る前にオランダの街(フローニンゲン)で調達したのが、このドクターマーチンのブーツ。
SBCA0154.JPG
写真は最近のものです。

もともと履いてたスニーカーでも良かったんだけど、
フローニンゲンの街を歩いてる現地の人たちの靴がすごくカッコ良く見えて
街の靴屋さんにはステキな革靴がたくさん並んでて
悩んだ末に「これぞ」と思った一足、
当時の私には高級品だったけど(1万5千円くらいだったと思う)、
でもどうしても欲しくて、思い切って買ったもの。

たくさん歩く旅なんだから、履き慣らしたスニーカーの方がいいだろうに
でもそんなことはお構い無しに
何よりも嬉しくて嬉しくて。

赤いFILAのリュックサックを背負って
真新しいブーツの紐をキュッと締めて
何とも晴れがましい気持ちで旅に出たのでした。

知らない街で道に迷ったときも(というかしょっちゅう迷ってた)
日が暮れて、夜のユースホステルでひとり、心細くなったときも
一人でベルギーのカフェに入るのに、ちょっとひるんだときも
足元を見れば、このブーツ。
少し誇らしい気分になって、勇気が湧いてくるのでした。

10年以上たった今も、まだまだ現役。
踵は磨り減って、革も傷だらけ、靴紐も何度も取り替えて
だけどすっかり私の足に馴染んだ
愛おしい、思い出のブーツ
大切な“旅のとも”です。




posted by じんこ at 19:52| 大阪 ☔| Comment(0) | 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。