2010年04月16日

その日の前日

3月6日朝7時ごろ、下腹をベルトでギューっと締め付けられるような感覚がして目が覚めました。

お腹の張りとは全然違う感覚だったし、“おしるし”もしっかりと出ていたので
「あ、これが陣痛か」とおもいました。
間隔はまだ不規則だったので、「前駆陣痛」だったのだと思います。

土曜日で、午前中に図書館、午後にデパートに行く予定にしていました。

ただ陣痛を待つのもかえって不安だし、予定通り図書館に行きました。
その後しばらく文字は読めななさそうなので小説はやめて、写真がたくさん載った本を借りました。
IMG_3723.JPG
退院後、気分転換に眺めるのにちょうど良かったです。

まだ痛みも弱かったので、午後も予定通りデパートに行きました。
デパートから病院までは車で15〜20分程度の距離です。
あらかじめ助産師さんに「初産は陣痛がなかなか進まないから、始まったら階段上り下りしたりできるだけ動いておいてください」と言われていたし。

ミスターミニットで靴を修理してもらい、あとはウロウロ。
早く陣痛が進みますように、と願いつつウロウロ。
夕飯のお弁当とドラ焼き(妊娠後半にハマッていた)を買って帰りました。
IMG_3722.JPG高砂屋のドラ焼き
この時期いろんなドラ焼き食べたけど、この高砂屋のが一番好みでした。
黒色は胡麻餡、美味しいの!!あー、また食べたい。

夕方、家に帰ってもまだ陣痛は微弱。
一応病院に状況を連絡して、5分間隔になるまで待機することに。
お風呂に入ったり借りてきた本を眺めたりしてゆったり過ごしました。

夜になって規則正しい10分間隔になったけど、まだ痛みは強くありません。
かといって寝る気にもならず、そのまま起きていました。
その日に録画してたNHK漫才コンテストを見たりして。
優勝した「銀シャリ」も良かったけどけど「ウーマンラッシュアワー」に頑張ってほしかったな(バイトリーダーのネタがお気に入り♪)。

その頃、赤ちゃんが下がってきたからか急にお腹が空いてきて、夕飯の他におにぎりやお茶漬けを食べました。
思えばこの時から私の「大食らい生活」が始まっていたのです。


そうこうしているうちに12時を回り、いよいよ「その日」を迎えました。



「その日」にづづく。


posted by じんこ at 21:10| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。